Home | 更新履歴 | モンゴルの話 | リンク集 | 更新日 2018年2月16日 |


岡田英弘

プロフィール
著書一覧
論文
雑記
発言記録
学会事情
翻訳
書評



宮脇淳子

プロフィール
講義・講演
著書一覧
論文
雑記
書評
口頭発表
その他
少し前のIndex



岡田英弘は2017年5月25日に86歳で亡くなりましたが、岡田宮脇研究室は、これまで通りに宮脇が運営します。本年もよろしくお願いいたします。
  読売新聞1月20日夕刊「遺品の思い出」に「岡田英弘さんのモンゴル土産」が掲載されました。
   
宮脇淳子 著書と動画のご案内
『残念すぎる 朝鮮1300年史』(祥伝社新書)の宣伝番組(倉山満、秋吉聡子、私)が、チャンネルくららで配信されています。New! 
   Amazonで予約注文できます。New! 
  4月初に宮脇淳子著・岡田英弘監修『真実の中国史[1894-1949]』(PHP文庫)が刊行されます。New! 
  チャンネルくらら特別番組『真実の日米開戦〜隠蔽された近衛文麿の戦争責任』(宝島社)、倉山満、内藤陽介、私による30分の対談です。
『日本人が知らない満洲国の真実 封印された歴史と日本の貢献』(扶桑社新書)が3刷り決まりました。
チャンネルくららで、倉山満、秋吉総子、私による宣伝番組が配信されています。 
   Amazonで注文できます。
『モンゴル力士はなぜ嫌われるのか』が、12月24日にワックから緊急出版されました。
チャンネルくららで、倉山満、秋吉総子、私による宣伝番組が配信されています。 
   Amazonで注文できます。初版15000部ですが、すでに2刷り10000部増刷です。
  『教科書には書かれていない 封印された中国近現代史』(ビジネス社)
 Amazonで注文できます。
  チャンネルくららで、倉山満、江崎道朗、私三名による宣伝番組が配信されています。
  チャンネルくららで、『日本は誰と戦ったのか』を上記三名で鼎談しています。
  チャンネルくららで、『工作員・西郷隆盛』を上記三名で鼎談しています。
『モンゴルの歴史』(刀水書房、2002年)のモンゴル語訳本がウラーンバートルで刊行されました。 
   
宮脇淳子 講義・講演のご案内 
名古屋・栄中日文化センターで、2018年2月24日(土)13:00〜14:30、「妻も敵なり:中国美女にはご用心」という公開講座をします。
  早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校で、1月12日(金)から3月2日まで毎週計8回「真実の中国史」の講義をしています。おかげさまで受講生は60名を超しています。
  朝日カルチャーセンター・新宿でおこなっている全18回の連続講座「東西をつなぐひとつの世界史」は、2018年1月9日から第三期が始まりました。 
 
岡田英弘の著書
  岡田英弘の4本のエッセイを含む『名著探訪108』は、藤原書店から注文できます。 
  岡田英弘編『モンゴルから世界史を問い直す』は、藤原書店から注文できます。
  学術論文集『モンゴル帝国から大清帝国へ』が『從蒙古到大清』という題名で台湾から漢語訳が刊行されました。
岡田英弘著作集(藤原書店)、第1巻『歴史とは何か』第2巻『世界史とは何か』第3巻『日本とは何か』、第4巻『シナ(チャイナ)とは何か』第5巻『現代中国の見方』第6巻『東アジア史の実像』第7巻『歴史家のまなざし』第8巻『世界的ユーラシア研究の六十年』、好評発売中です。
岡田英弘著『世界史の誕生』に三つの中国語版が出ました。
岡田英弘『チンギス・ハーンとその子孫』がビジネス社から刊行されました。長らく絶版だった朝日文庫の再版です。
アマゾンで購入できます。
 

Copyright [C] Office Okada-Miyawaki, All rights reserved.